Cz_mirror Game開発備忘録

週末にUnity でゲーム開発をしています。ゲーム開発を通じて得た情報の備忘録として活用するブログになります。

新ゲーム「Caplus(キャプラス)」開発日記15

Caplusのストーリー、登場人物、設定などをまとめてみました。

 

Caplus ストーリー
今よりも未来に人類は生活圏を地球外に広げるために宇宙連邦シリウスを発足し、順調に地球外に生活圏広げていった。
だが突如VOIDと呼ばれる勢力に襲われ壊滅的な被害を被ることになった。
人類はVOIDに対抗するために、時空戦闘機Caplusの開発を行い立ち向かうこととなった。
Caplusに乗り込むのは戦闘適正優秀者であった若きパイロット バーツが選ばれた。ただバーツは戦闘訓練が乏しくシリウスの誇るベテランパイロット ロイドによる訓練を経てから実戦配備されることとなった。

 

◎設定用語
シリウス
宇宙へ進出した人類が発足した宇宙連邦ならびにその活動の拠点となる宇宙ステーションの名称。元々は生活居住を備えた宇宙ステーションだったが、突如現れた人類の脅威VOIDに対し、戦いを余儀なくされたため、急速に戦闘設備を整え脅威に備えている。多くの時空パイロットを有しているが、VOIDとの戦いで多くのパイロットが犠牲となってしまった。VOIDとの戦いに終止符を打つべく時空戦闘機Caplusを開発し、危機的状況の脱却を狙う。

Caplus
VOID討伐の主力となる切り札として開発された時空戦闘機。敵機を捕獲する機能を持ち、敵勢力の弱体化と自軍の強化を両立させることができる。戦闘データーの蓄積に伴い、パーツによる強化も可能。元々は宇宙探索中に発見された破損した時空戦闘機だったが、長年の調査と修理で実践整備できるようになった。

VOID
宇宙へ進出する人類の前に突如現れた正体不明の無人敵対勢力集団。人類に対し多大な被害を及ぼす存在として恐れられてきた。シリウスは長年の戦闘に伴い、機体の回収ならびに解析を行ったところ、VOIDというメッセージを発見。その後総称としてVOIDと命名された。VOIDと戦ったパイロットは、VOIDは無人機ながらもあきらかに人類に対して、憎悪と思われる何者かの意思を感じたという。

 

パイロット
バーツ
主人公。Caplusの適性検査で最高記録を保持した若き時空戦闘機パイロット。実戦経験は乏しいが、潜在能力は高く、難なく戦闘訓練を突破している。

ロイド
バーツたちの教官。シリウスの誇る腕利きのパイロット。
バーツにCaplusの戦闘訓練(チュートリアル)を行う。

リナ
バーツより少し年上のパートナー。ロイドの妹でバーツとともにVOIDとの戦いに挑む。

ガイ
ベテラン時空パイロット。やや豪快な性格をしているが、腕は確かでバーツの危機を救うベテランとしての貫禄が備わっている。

ソフィー
戦闘中の時空戦闘機の修理などを行う工作機を操作する女性パイロット。心優しい性格と度胸の良さでシリウス内でも人気が高い。

シリウス クルー
ダン
Caplusの整備を行う初老のメカニック。Caplusの戦闘データーを機体にインプットし、機体のカスタマイズを行うことができる。

ユニー
ダンの助手の女の子。年は若いが豊富な知識と行動力でダンとともにCaplusの整備を行ってくれる。大きなおさげが特徴。

メディア
シリウスのデーター分析を行う女性アナリスト。ロイドアーカイブの解析や必要なデーター分析のためのクエストなどをバーツに依頼する。

新ゲーム「Caplus(キャプラス)」開発日記14

自作ゲームCaplusのイベントボス戦のBGMを作りなおしました。


以前作った曲の途中にあったアラート音をやめて、全体的にリズムを早めたりして、少し調整してみました。

 

Caplus VOID2

soundcloud.com

unity1week Meetup in Tokyo 2019に参加してきました

1/12(土) に unity1week Meetup in Tokyo 2019に参加してきました。

unity 1week game jamのオフ会で非常に多くのゲーム開発者の方達が参加されていました。

おにぎり処「雲丹亭」のおにぎりをいただきました。Unityでおにぎりを食べているイベントがあり、非常に気になっていたので、今回食する機会に恵まれて非常に嬉しかったです。海苔もロゴになっていて、非常に凝っているだけでなく味も美味しいおにぎりでした。

 

‪unity1week Meetup in Tokyo 2019のおにぎりを食してみます!ごはんのおともさんのケータリングサービスです。海苔もロゴになっている!

www.instagram.com

 

時間の都合上全てのゲームをプレイすることはできませんでしたが、

 

 

 

 

 

 

 

私はCaplusCaptulionの2作品を展示いたしました。Caplusはまだデモの段階だったのですがそれでもプレイしていただけて非常に感謝です。生の感想をいただける非常に貴重な機会だったので、こちらで頂いた内容を今後のアップデートに生かせればと思います。(アッキーさん感想ツイートありがとうございます!)

 

今回非常に貴重なイベントを開催いただきまして、naichiさん、司会の青木ととさんならびにunity社、各ゲーム開発社の皆様方には感謝です。

www.instagram.com

 

青木ととさんのブログ記事です。非常に詳細までまとまっていて他の参加者の方たちのブログ記事にも言及されております。(こちら私の記事も掲載いただきありがとうございます。)

lycoris102.hatenablog.com

 

らずさんのブログ記事です。ゲームのレポートが多数掲載されていて参考になります。
私のゲームのご紹介もしていただきました。

raspberly.hateblo.jp

新ゲーム「Caplus(キャプラス)」開発日記13

Caplusのバグ修正を行い、unityroom上に反映いたしました。
敵機の弾が途中で消えてしまう現象を解消しています。

f:id:godhandevilleg:20181130014630p:plain

unityroom.com

新ゲーム「Caplus(キャプラス)」開発日記12

Caplusの曲を3つ作曲してみました。

Caplus イベントバトル用BGM VOIDを作ってみました。
soundcloud.com

Caplus クルーメンバーの曲を作りました。カスタマイズ画面とクエスト画面などで使用します。
soundcloud.com

Caplus 味方の援軍イベント用の曲です。
soundcloud.com

SmartRig Bipedなんもわからん。。~2019年なんもわからんカレンダー~(1月2日分)

こちらの記事は私も所属しているなんもわからん部屋のイベント「2019年なんもわからんカレンダー」1月2日分になります。(以前投稿した記事に加筆する形になります。)

 

前回の記事はさやちゃんぐbotさんのUnityでキャラの表情制御どうやるのかぜんぜんわからん……になります。

sayachang-bot.hateblo.jp

----------

先日SmartRig Bipedのβ版を触らせていただける機会があり、ユニティちゃんに適用してみました。

SmartRig BipedはスクリプトでIKを操作するアセットで、モーションがなくても、人体に合わせたパラメーターの設定をすることで自動的にアニメーションを実現することができます。

gyazo.com

私の適用したデモはデフォルトのままなので、やや硬めの動きになっていますが、調整次第では自然な人体アニメーションを実現することができそうです。(腕のふりなどもパラメーターで調整可能です。)

例えばHip_hiの値を調整することで座り歩きのようなものも簡単に実現することができます。

gyazo.com

まだ未公開とのことですが、近々公開できるかもとのことでしたので、大変楽しみにしています!

 

SmartRig Bipedの公式の動画も公開されております。人型モデルのアニメーション作成がとても簡単かつ自然に表現できるので、触っていて非常に楽しいです。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 ----------

 

2019年1月2日加筆

SmartRig Bipedでは地面のレイヤーを指定することで地面に合わせて足の動きも変化するようになります。高低差が極端にあるものについては、腰の位置を調整しないと地面にめり込んでしまうこともありますが、ここまで自然に地面に沿って動きをつけられるのに驚きました。

 

gyazo.com

 

次回の記事はsimplestarさんの

Unity:VRMのランタイムロードがなんもわからん - simplestarの技術ブログ

になります。

simplestar-tech.hatenablog.com

 

 

 

SmartRig Bipedのβ版を触ってみました

先日SmartRig Bipedのβ版を触らせていただける機会があり、ユニティちゃんに適用してみました。

SmartRig BipedはスクリプトでIKを操作するアセットで、モーションがなくても、人体に合わせたパラメーターの設定をすることで自動的にアニメーションを実現することができます。

gyazo.com

私の適用したデモはデフォルトのままなので、やや硬めの動きになっていますが、調整次第では自然な人体アニメーションを実現することができそうです。(腕のふりなどもパラメーターで調整可能です。)

例えばHip_hiの値を調整することで座り歩きのようなものも簡単に実現することができます。

gyazo.com

まだ未公開とのことですが、近々公開できるかもとのことでしたので、大変楽しみにしています!

 

SmartRig Bipedの公式の動画も公開されております。人型モデルのアニメーション作成がとても簡単かつ自然に表現できるので、触っていて非常に楽しいです。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com